TEL

MENU

神社結婚式jp

東京での結婚式は安心・実績
神社x会食ウェディング

牛嶋神社フォトプラン

平日限定フォトプラン

隅田公園の一角にある落ち着いた雰囲気の「牛嶋神社」でのロケーション撮影プラン。

神前式を執り行うかのように写真撮影を行います。

神社の周りを囲む隅田公園は春には満開の桜を楽しめ、公園内での撮影もOK。

人力車を取り入れた撮影プランも人気です。

【和装プラン】
¥124,300

ー 含まれるもの ー

  • 衣裳
    (紋付袴/白無垢)

  • 着付け・アテンド

  • 洋髪ヘアメイク
    (かんざし含)

  • 撮影データ
    (DVD約100カット)

  • お支度部屋

  • ご移動お車
    (支度部屋-撮影場所)

  • 撮影場所使用料

【オプション】

  • 六切り紙台紙1カット1冊

    ¥5,500

  • ウェルカムボード(美肌修正付)

    ¥8,800

  • 3面アルバム(美肌修正付)
    最大10カット編集

    ¥15,400

  • ロケーションアルバム6ページ
    (美肌修正付)最大20カット編集

    ¥19,800

  • 人力車

    ¥22,000

※平日限定にて承ります。
※表記の価格は税・サ込の料金となります。

フォトプランのご相談
ご予約はこちら ▶
フォトプラン一覧へ

牛嶋神社での写真による
神社での結婚式

牛嶋神社フォトウェディングここがポイント

牛島神社

写真で残す神社での結婚式。フォトウェディングを執り行う牛嶋神社本殿前の木製の鳥居は、全国でも珍しい中央の鳥居の左右ちいさい鳥居の付いた三輪鳥居、鳥居前での結婚式写真はとても貴重で人気のあるフォトスポット。江戸時代より牛嶋神社は「牛御前」と書かれ、その名の通り古くから牛にまつわる信仰があります。

赤い前掛けをしている牛嶋神社の撫で牛

本殿に向かって右側には「撫牛(なでうし)」があり、自分の体の悪い部分と同じところを撫でると治ると言われています。この撫牛を囲んでの新郎新婦の結婚式写真もマストのワンカット。また、スカイツリーをバックに結婚式の写真を残せるのもこの牛嶋神社ならでは。

目の前の池に公園の森が写り込んでいる

5年に一度、五十ヶ町の新興が連なって牛嶋神社へ宮入りを行う例大祭も有名。丸一日かけて総勢50基が神社に向かう、日本でも有数の神社で行うお祭りの一つとして挙げられています。また、牛嶋神社以外にも隣接する隅田公園でお二人の和装のお写真もたくさんお撮りできますので、春は桜、夏は、新緑、秋は紅葉と素敵な結婚式の思い出となるお写真が残せます。

フォトウェディングを行う
牛嶋神社ご由緒

牛嶋神社は文武天皇(701〜704)の時代、現在の向島から両国近辺にかけて牛島といわれた地域に、国営の牧場が設置されたと伝えられ、この周辺もかつては牛が草を食んでいたのどかな牧場で、牛嶋神社は古代から牛とのかかわりの深い神社でした。牛嶋神社は貞観二年(860年)創建。本所地区の総鎮守で、墨田区のほぼ南半分と大変広い地域が牛嶋神社の氏子となっています。牛嶋神社の御祭神は須佐之男命、天乃穂日命、貞辰親王命。フォトウェディングを行う牛嶋神社の社殿は総檜権現作りの荘厳にして風格のあるもので、全てにおいて現在も古くからの様式は変わらない、東京屈指の大社殿でのフォトウェディング。古き良き時代を彷彿させる由緒正しい神社での結婚式が残せます。

写真で残す神社での結婚式
牛嶋神社の知っとく情報

撫で牛に狛牛

櫓の下いる撫で牛

墨田区向島の牛嶋神社は祭りと、撫で牛や「牛のお守り」で知られ、狛犬ならぬ「狛牛」と三輪鳥居(三つ鳥居)は全国的にも珍しく有名ですので、ここでの結婚式写真はマスト。福牛は福を持つ可愛らしい手がご愛嬌。鈍い黒色は置物として存在感があり目力もあります。境内の「撫で牛」も子育て、病気平癒などの御利益かあり、その存在感に納得。調理師達、料理人達が使い切った包丁の慰霊塔である慰霊包丁塚の前にも牛が。とにかく至る所に牛、牛、牛。それが知る人ぞ知る下町本所の総鎮守、牛嶋神社です。丑年や牛のマスコットが好きな方は是非とも牛嶋神社でのフォトウェディングおススメ致します。

お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0362650866

― 神社結婚式.jp ブライダルデスク ―
11:00~20:00(火曜定休)


ピンチアウト拡大してご覧頂けます。